BLOG

6日未明に地震が起き、7日の練習が急遽中止になったため、今日は震災後、初練習。団員はお互いに元気な顔を確認し「大変だったね!」「大丈夫だった?」と無事を喜ぶ輪が至る所に出来ていました。

岡崎先生からは、上手く歌えた箇所を褒めていただき、本番もこの調子で歌いたいと思いました。

細かい注意点をしっかり自主練して、14日の練習最終日をむかえましょう!

寒暖の差が激しいので、風邪に注意しましょうね。

喉を大切に(^^)

この度は胆振東部地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲となられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

第34回北海道ボランティアコンサート「999人の第九」ですが、9月16日(日)の演奏会を予定通り実施いたします。

われわれ団員も被災し皆様にご心配おかけいたしましたが、今年は「第九」アジア初演100周年記念と北海道150年記念の大事な記念の年であり、何としてでも中止するわけにはまいりません。

余震や電力不足などまだ地震の爪痕が深く不安な状況ではありますが、札幌市内はすでに復旧に向けて大きく動いています。

市内交通は路線バス、地下鉄、市電は運転を再開していますので皆様ご安心くださいませ。

今こそ私たちは復興への力のために歌います❗

演奏会まで1週間となりましたが、皆様のご期待に沿えるよう精いっぱい努めてまいります。

何卒どうぞよろしくお願いいたします❗

皆様のご来場をお待ちしております。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

お盆休みが終わり、われわれ999人の第九も本日より練習を再開です❗

いよいよ本番まではやひと月を切りました。

北海道ではお盆過ぎたら秋だとは言いますが、それにしても今日は寒く大雪山系黒岳では早くも初雪が降ったそうです⛄

だからというわけではありませんが、今日から第二部で歌う「虹と雪のバラード」の練習も始まりました。

誰もが聞いたことがある曲ですが、北海道150年記念を盛り上げるために頑張ります❗

もちろん第九も手抜かりなく最高の演奏をお届けできるよう頑張ります❗

これから毎週火金と本番までしっかり総仕上げです。

だんだん寒暖差が激しくなりますが、しっかり体調に気をつけて本番を迎えたいと思います。

今日がお盆前最後の練習です。

次回の練習は8月17日(金)です。

これからしばしお盆休みに入りますが、前回指揮者練習だったこともあり今日はいろいろこと細かく指導がありました❗

あとひと月ちょっとで本番ですし、お盆休みの間も自主練は欠かせません💪

われわれ一同頑張りたいと思います。

しかし何だかんだ休めない方もいていろいろあると思いますが、皆様いいお盆をお過ごしください❗

お盆を過ぎれば秋はすぐそこです

今日は指揮者の佐藤俊太郎先生をお迎えしての1回目の特別練習(指揮者練習)でした。

今年の発音・テンポなどの演奏の方針が示されました。

毎回のことですが、いろいろと厳しいことを指揮者の先生から言われます。

そして昨年に続き佐藤先生ではあるものの昨年から方針が変わった箇所も❗

しかしこれも本番でいい響きを作り上げるため。

私たちは一生懸命ついていくのみです。

次の特別練習(指揮者練習)は約ひと月先の9月7日(金)ですので、それまでにご期待に沿えるようまた本番でお客様にお聴かせできる響きのためわれわれ団員は努めてまいります。

次の練習でお盆休み前最後の練習です❗

何だかんだで本番まであっという間です💨

今日は1回目の全体練習でした。

ずっとパートごとの練習が続いていたので、

久しぶりに全パートで歌いました。

やっぱり、ハーモニーは良いですね^^

次は8月3日㈮18時から

エルプラザホールにて指揮者練習です。

楽しみですね~

9/16(日)にKitaraホールで開催される「第34回 999人の第九」コンサートでは、北海道150年を記念し、観客✕合唱団✕オーケストラ総勢2000人で北海道ゆかりの歌「虹と雪のバラード」を大合唱しますが、「虹と雪のバラード」にはハープの音色が必須。楽器はあるのですが、ハープ奏者は全国的に少なく、今回東京から招聘しなければなりません。そこでハープ奏者招聘に必要な費用をクラウドファンディングで募集致します。ご賛同頂ける方は是非ご協力をお願い致します。Kitaraに「北海道の歴史上最大規模」の歌声を響かせましょう!

P.S 「999人の第九」の記念すべき第1回コンサート(1985年9月1日 中島体育センター)の写真を掲載します。

<クラウドファンディングサイトのURLはコチラ>

http://actnow.jp/project/999-daiku-sapporo/detail

9/16(日)開催「第34回 999人の第九」コンサートチラシが完成!これから市内各所に配布し宣伝して行きます。今年は「第九」アジア初演100周年。更に北海道150年の記念すべき年。第二部には北海道150年特別企画として「虹と雪のバラード」大合唱を予定。Kirataを埋め尽くす観客+合唱団+札響2000人の演奏がどのようになるのか?ワクワクします!

9/16(日)の「999人の第九」演奏会では、北海道150年事業の一環として「虹と雪のバラード」を会場全体で歌う特別プログラム開催予定!道民なら誰でも知っている「虹雪」は1972年札幌冬季五輪のテーマソング。大倉山ジャンプ場に詩碑があります。現在札幌は2030年に2度目の冬季五輪招致活動中。2020TOKYO→2030SAPPOROへ。会場にお越しの皆さん、大きな声で五輪招致に弾みをつけましょう!

感動の演奏会翌日。前日の余韻で足元がまだふわふわした感じですが、観光日程びっしり(笑)。徳島と言えば「阿波踊り会館」+「ドイツ館」を見学。歴史+伝統芸能の重みを実感。「第九」と「阿波踊り」って多分共通項あるんだと思う。この感動の気持ちを早く札幌にいる第九仲間にも伝えたい!「999人の第九」演奏会は9/16(日)Kitaraホールです。皆さんのお越しをお待ちしています!

感動の演奏会、鳴り止まない拍手、アンコールで「M」をもう一度歌ったのは一生の想い出。興奮冷めやらぬアフター交流会では第九アジア初演を果たしたドイツ兵捕虜の子孫や、今回海外から参加したメンバーが登壇。正に「第九」に国境無し!更に徳島の誇る伝統芸能「阿波踊り」の勇壮な演舞+地元の子供達による「第九」の合唱!こうして「第九」は世代を紡いで行くんだと実感。この瞬間を共有した全ての「第九」ファンに感謝!

「第九」がアジア(日本)で初演されたのは1918年6月1日、板東俘虜収容所(現鳴門市)のドイツ兵捕虜によってでした。それから100年。「第九」がこれ程日本人の心を揺さぶり、毎年全国各地で上演されている状況を誰が予想したでしょうか?その「第九の聖地」鳴門市で開催された記念すべき100周年演奏会に我が「999人の第九」より51人が参加!初日は札幌→鳴門への移動でほぼ終了(涙)。明日はリハ&演奏会、頑張ります!