指揮者紹介

佐藤俊太郎 プロフィール 

 ロンドン大学と王立音楽院(RAM)に学ぶ。1996年イギリス室内管弦楽団(ECO)定期公演でデビュー。この成功によりECOのアソシエート・コンダクターに就任。ECOとはロンドンをはじめヨーロッパ各地で演奏会を指揮。2000年からフィンランドのクオピオ交響楽団首席客演指揮者、2002年からの1年間は首席指揮者、2016年4月から2019年3月まで札幌交響楽団指揮者をつとめた。

 これまでに、ロンドン・フィル、フィルハーモニア管、ヘルシンキ・フィル、フィンランド放送響、日本フィル、新日本フィル、読売日響、大阪フィル、京都市響などに客演。ズッカーマン、デュメイ、パウク、ケネディ、マイスキー、白井光子、プレガルディエン、バーバラ・ヘンドリックス、トーマス・アレン、ユジャ・ワン、コジェナー、サラ・チャン、イザベル・ファウストなど世界で活躍する演奏家たちと共演。2003年母校王立音楽院とエリザベス女王から王立音楽院会員(ARAM)の称号を与えられた。