中明宏道

記事一覧(10)

ブラタモリ・鳴門

NHK総合で放送された今夜のブラタモリは鳴門でしたね🌀🌀🌀🌀地質学視点から渦潮、四国の玄関口、中央構造線、街道、お遍路、四国八十八箇所霊場第一番札所・霊山寺、お接待、大谷焼と続々と話題が出てきました。そして最後に100年前のドイツ兵俘虜収容所の歴史と第九日本(アジア)初演の話が出てきましたね🎵徳島・鳴門(板東俘虜収容所)で1918年(大正7年)6月1日に当時第一次世界大戦の最中で捕虜として収容されていたドイツ兵たちによってわが国ではじめて第九が演奏された話は、第九を歌う人のみならず多くの日本国民が知るべき素晴らしいことなのです。それも収容所の所長・松江豊寿大佐の人道的な扱いで、収容所とは思えない自由な環境があったほか、地元の日本人の間にもお遍路さんをお接待する文化があったからです。 大谷焼が九州からやって来たお遍路さんによってお接待のお礼で技術がもたらされたように、ドイツ兵捕虜たちによって様々な技術がもたらされ、そし第九をはじめとする音楽がもたらされたことは、徳島・鳴門に住む方たちにとっては誇りだと思います。Alle Menschen werden Brüderすべての人々は兄弟となるこのことがまさに体現されたわけです。第九日本(アジア)初演100周年だった昨年の鳴門の第九には、われわれ999人の第九の会から51人が参加し、今年も多くの団員が参加予定です。 第九を歌うからにはただ歌うだけではなく、第九が生まれた背景や音楽的構造、その後広まった歴史やわが国での第九の普及の経緯など様々なことを学んだうえで歌い続けることで本当の第九の楽しさがわかります。 札幌からは遠いですが、ぜひとも一度は鳴門へ行く価値はあります。

新年明けましておめでとうございます

今年を振り返り

今年も今日と明日となりました。「第九」アジア初演100周年記念と北海道150年記念の今年の第34回北海道ボランティアコンサート999人の第九は、演奏会直前に胆振東部地震が発生し札幌市内でも大きな被害が出たにもかかわらず、ご尽力いただいた皆様のおかげで無事盛会のうちに終えることができました。あらためて心から感謝申し上げます。まさに第九の歌詞の意味を強くかみしめた演奏でした🎵そして第九に続いて北海道150年記念で会場全体で「虹と雪のバラード」を合唱したことは、北海道に住む者としてまたとない感動を味わうこととなりました✨✨そして6月のなるとの第九ですが、100年前に板東俘虜収容所のドイツ兵捕虜の方たちにによって日本そしてアジアで初めて第九が演奏された徳島県鳴門の地に全国そして世界から集まった仲間たちとともに「歓喜の歌」を歌うことができたことは大変意義深いです。われわれ999人の第九からは51名が参加しましたが、まさに第九の演奏の歴史の1ページを刻む場に立ち会えたことを大変うれしく思います🎵思い起こせば今年は第九がテレビなどでもかなり話題になる機会がありましたね❗この年末もNHKのチコちゃんに叱られるで取り上げられたり、Sexy Zoneのマリウス葉くんが第九に初挑戦で一万人の第九のステージに立ったことなどが話題になりました。さて来年の第35回北海道ボランティアコンサート999人の第九は10月6日(日)に演奏会を行います。 第35回の節目の年ですが、どんなドラマが生まれるか大いに期待したいです❗皆様よいお年をお迎えくださいませ。 来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。